骨折に対する治療

オステオトロンⅤ

​LIPUSによる音圧効果で

骨の形成を促進し治療期間を

約40%短縮

骨折に対する新しい治療法

 従来の骨折治療では、ギプスなどで固定した後は自然経過に任せるのみでしたが、固定後でも積極的に骨の癒合が促進できるようになりました。

 多くの臨床例から治療効果も確認され、骨が癒合するまでの期間を約40%短縮でき、遷延癒合や偽関節などの治りづらい骨折の発生率を低下させる効果があるとされています。

LIPUSって?

LIPUS=低出力パルス超音波(Low Intensity Pulsed Ultra Sound)

 従来の骨折治療では、ギプスなどで固定

た後は自然経過に任せるのみでしたが骨に器

械的な刺激を与えると、その刺激に応じて骨

が形成、修復されることが確認されています。

超音波骨折治療法は、きわめて出力の弱い超

音波を断続的に発振することで、骨折部位に

音圧刺激を与え、骨の癒合を促進します。

当院では

 当院では、骨折後の治療として、この超音波骨折治療を選択肢の一つとして用いています。機械自体はコンパクトであるため、どの部位に対しても使用可能です。

 また、オスグット病や野球肘などに対しても使用し、少しでも早い競技復帰を目指します。

 骨折の疑いのある方成長期の子供が訴える強い痛みでお悩みの方、是非当院をご利用下さい!

 

TEL:06-6846-2567

栗本整形外科 大阪府豊中市夕日丘1-1-5

Copyright © 2015 Kurimoto Orthopedic All Right Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now